Get Adobe Reader

PDFを見るためには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。
こちらからダウンロードできます。

最新情報


2018年9月28日



危機管理2018発行のご案内


危機管理2018が発行されました。関係者の皆様へは順次発送をさせて頂きます。


【お問合せ】クライシスマネジメント協議会事務局 0422-40-6877


危機管理2018の目次はこちらです。→  PDF 783KB 広告企画のご案内





     省庁横断的危機管理研究会の実績

第1回省庁横断的危機管理研究会 (2014.5.9)
  災害初動期の指揮    
   国土交通省道路局企画課 
          池口正晃 企画専門官
  国土交通省における首都直下地震と南海トラフ地震対策
   国土交通省水管理・国土保全局防災課
          宮武晃司 首都直下地震対策官
  東海・東南海・南海中部圏戦略会議の取り組み
   中部地方整備局企画部  
          森山誠二 企画部長

第2回省庁横断的危機管理研究会 (2014.6.9)
  大規模災害時緊急消防援助隊の活動
   総務省消防庁 杉田憲英 広域応援室長
  消防と医療の連携(災害時を含む) 
   総務省消防庁 齋藤秀生 救急企画室長  
  消防緊急無線のデジタル化及び防災情報伝達手段の多様化
   総務省消防庁 中本敦也 防災情報室長
      

第3回省庁横断的危機管理研究会 (2014.9.26)
  電力の災害対策
   経済産業省  渡邉誠 商務流通保安グループ電力安全課長
  ガス(都市ガス、LPガス)の災害対策 
   経済産業省  大本治康 商務流通保安グループガス安全室長
  製造業のBCPについて
   経済産業省  西垣淳子 製造産業局政策企画官

第4回省庁横断的危機管理研究会 (2014.10.30)
  新型インフルエンザ対策
   厚生労働省  田村大輔 健康局 結核感染症課
              新型インフルエンザ対策推進室長補佐
  健康危機管理・災害対策
   厚生労働省  姫野泰啓 大臣官房厚生科学課
              健康危機管理・災害対策室長

第5回省庁横断的危機管理研究会 (2015.2.27)
  東日本大震災を踏まえた学校防災の課題
   文部科学省スポーツ・青年局学校健康教育課
              大路正浩 課長
  災害の軽減に貢献する地震研究について
   文部科学省研究開発局地震・防災研究課
              森澤敏哉 課長

第6回省庁横断的危機管理研究会 (2015.4.24)
  東日本大震災の教訓を踏まえた災害廃棄物対策について
   環境省 大臣官房 廃棄物・リサイクル対策部企画課
                  山本昌宏 課長
  国立公園を活用した震災復興 〜三陸復興国立公園における取組
   環境省 自然保護局 自然環境計画課
                  鳥居敏男 課長

第7回省庁横断的危機管理研究会 (2015.6.30)
  警察による災害警備活動
   警察庁 警備局警備課災害対策室
            児嶋洋平 室長
  我が国をめぐるサイバー攻撃情勢
   警察庁 警備局警備企画課
            河原淳平 サイバー攻撃対策官
     
第8回省庁横断的危機管理研究会 (2015.11.17)
  農林水産省における危機管理等の取り組みについて
   農林水産省 大臣官房文書課 災害総合対策室
            井田和弘 課長補佐
  緊急時の食料供給について
   農林水産省 食料産業局企画課
            那須正典 危機管理専門官

第9回省庁横断的危機管理研究会 (2015.12.17)
  自衛隊の主な行動について
   防衛省 統合幕僚監部運用部 運用第1課
            熊谷三郎 1等空佐
  災害派遣について
   防衛省 統合幕僚監部運用部 運用第2課課
            戒田重雄 1等陸佐

第10回省庁横断的危機管理研究会 (2016.4.21)
  金融分野におけるサイバーセキュリティ強化に向けた取組み
   金融庁 総務企画局 政策課
             鈴木啓嗣 政策管理官
  災害時における金融機関等の預金者・保険契約者への対応
   金融庁 監督局 総務課
            川上敏寛 監督調査室長






     危機管理セミナーの実績

第1回危機管理セミナー (2012.2.10)
  米国FEMAの経験から見た日本の防災体制への提言
   元FEMA危機管理官 レオ・ボスナー

  ≪シンポジウム≫
   広域災害とその対策
    コーディネーター
     神奈川大学法学部教授    務台 俊介

    パネリスト
     NBCR対策推進機構理事長 井上 忠雄
     日本経済新聞解説委員    清水 真人
     京都大学名誉教授      村松 岐夫
     元内閣総理大臣秘書官    小野 次郎
     元兵庫県防災局長      谷 公一

第2回危機管理セミナー (2012.4.25)
  危機管理における教育と訓練
   元統合幕僚会議議長 西元 徹也

  電源喪失への対策
   京都大学名誉教授・元京都大学防災研究所所長
   水道水圧エネルギー活用委員会委員長 今本 博健

第3回危機管理セミナー (2012.7.31)
  原子力発電所の危機管理
   元陸上自衛隊小平学校副校長 矢野 義昭

  東京における震災対策
   東京都議会議員・明治大学客員研究員 早坂 義弘

第4回危機管理セミナー (2012.10.17)
  復旧・復興の現状と課題
   宮城県知事 村井 嘉浩

  突発災害における暗闇時避難の誘導に関する公開実験の成果と
  命の道としての必須機能
   建設教育研究推進機構理事長 大野 春雄

第5回危機管理セミナー (2013.3.28)
 「防災市民からみた災害対策」~あなたは、次の災害で生き残れますか?
   日本防災士会常任理事・広報委員長
   社会貢献学会理事/災害心理士 半田 亜季子

第6回危機管理セミナー (2013.5.29)
  危機管理に学ぶこと「常在危機」とリーダーシップ
   宮崎県知事 河野 俊嗣

  新日鐡釜石製鐡所所長としての311 大震災への対応
   産業振興株式会社社長/元新日鐡釜石製鐡所所長 谷田 雅志

第7回危機管理セミナー (2013.10.30)
  神奈川県における危機管理
   神奈川県知事 黒岩 祐治

  災害時における医療態勢の在り方
   杏林大学医学部救急医学教室主任教授
   高度救命救急センター長 山口 芳裕

第8回危機管理セミナー (2014.4.9)
  和歌山県における危機管理
   和歌山県知事 仁坂 吉伸

  消防庁長官として臨んだ3.11
   元総務省消防庁長官 久保 信保

第9回危機管理セミナー (2014.11.14)
  南海トラフ地震に向けた強靭化に関する高知県の取り組み
   高知県知事 尾ア 正直

  首都圏における水害対策について
   元国土交通省事務次官
   クライシスマネジメント協議会副会長 青山 俊樹

第10回危機管理セミナー (2016.218)
  静岡県における危機管理について
   静岡県知事 川勝 平太

  災害とマスコミについて
   フリージャーナリスト 鈴木 哲夫

第11回危機管理セミナー (2016.11.22)
  愛知県における防災・減災対策
   愛知県知事 大村 秀章

  首都直下地震での帰宅困難者対策
   防災情報伝達システム委員会・委員長 清野 英俊

第12回危機管理セミナー (2017.4.6)
  熊本地震で“寄り添う”を合言葉に報道を続けたテレビ熊本
   テレビ熊本・取締役報道編成制作局長 伊藤 典昭

  災害とラジオ、そして風化に対して番組は何を伝えたか
   ニッポン放送解説委員 森田 耕次

第13回危機管理セミナー (2017.11.29)
  女性から考える危機管理
   日刊ゲンザイ・編集部長 小塚 かおる

  三つの命を大切に -東日本大震災をのりこえて-
   元中央防災会議委員/オイカワデニム会長 及川 秀子

第14回危機管理セミナー (2018.4.25)
  知事の経験から現職代議士として災害対策を
   元佐賀県知事(衆議院議員) 古川 康

  首都圏壊滅と自治体防災無線
   防災情報伝達システム委員会・委員長 清野 英俊

  熊本地震を踏まえた広域災害への対応
   内閣府政策統括管(防災担当)付企画官 後藤 隆昭






     都道府県知事の実績

【2012年10月17日】
  宮城県知事 村井 嘉浩
    復旧・復興の現状と課題 〜これまでの復興状況と今後の取組について
     1.はじめに
     2.震災を振り返る
     3.宮城県震災復興計画の概要
     4.これまでの復興の状況
     5.復興に向けての課題
     6.むすび

【2013年5月29日】
  宮崎県知事 河野 俊嗣
    危機管理に学ぶこと 〜「常在危機」とリーダーシップ
     1.はじめに
     2.宮崎県について
     3.宮崎県が直面した危機事象
     4.危機対応に関する課題と危機管理のマネジメント
     5.「復興」から「新たな成長」へ

【2013年10月30日】
  神奈川県知事 黒岩 祐治
    神奈川県における危機管理
     1.はじめに
     2.救急隊問題との出会い
     3.パラメディック
     4.救急の3点セット
     5.キャンペーン
     6.厚生労働省と総務省
     7.救急救命士誕生
     8.救急救命士活用の諸課題
     9.閑話休題
     10.ビッグレスキュー
     11.結びに

【2014年4月9日】
  和歌山県知事 仁坂 吉伸
    和歌山県における危機管理
     1.はじめに
     2.危機管理の基本的な考え方
     3.紀伊半島大水害による被害状況等
     4.人命救助
     5.応急復旧
     6.本格復旧への取り組み
     7.産業の復興
     8.紀伊半島大水害を教訓とした防災対策の見直し
     9.地震・津波対策
     10.おわりに

【2014年11月14日】
  高知県知事 尾ア 正直
    南海トラフ地震に向けた強靭化に関する高知県の取り組み
     1.はじめに
     2.高知県について
     3.南海トラフ地震対策
     4.津波避難対策
     5.応急活動体制
     6.災害時医療救護体制
     7.国土強靭化の実現に向けて
     8.むすび(高知県のチャレンジ)

【2016年2月18日】
  静岡県知事 川勝 平太
    静岡県における危機管理について
     1.静岡県の概要
     2.静岡県の地震対策 これまでの取組
     3.南海トラフ地震対策
     4.アクションプログラム2 0 13
     5.内陸フロンティアを拓く取組
     6.国土強靭化地域計画

【2016年11月22日】
  愛知県知事 大村 秀章
    愛知県における防災・減災対策
     1.あいちの概要
     2.愛知県の地域特性(災害リスク)
     3.南海トラフ地震の被害想定
     4.愛知県の主な取組

【2018年4月25日】
  元佐賀県知事 古川 康
    知事の経験から現職代議士として災害対策を
     1.知事の経験から災害対策を語る
     2.避難所に何があるのか足りないのかわからない
     3.住民に生き延びる手段を
     4.住民にいったい何が起きているのかを伝える手段を



クライシスマネジメント協議会の参画へのご案内 〜自治体等との連携と防災産業の育成〜

クライシスマネジメント協議会
理事長 長田 逸平

 クライシスマネジメント協議会は大規模・広域災害を想定し、民間の企業や団体と行政機関(中央・地方)との連携をつくり、それに対処する社会環境の整備を目的に、有志によって創設した団体であります。

 本協議会の発足は2010年9月28日であり、組織化を始めたところに今回の災害が発生し、組織的に何も出来なかったことは悔まれます。

 そこで、本協議会の活動の一環として、約1900 の地方自治体等に災害対策に関する情報を無償で提供している他、本協議会会員によるプロジェクト・研究会・部会への参加、年間を通して開催している危機管理セミナーの実施をしています。

 既に、さまざまな英知を具体化した民間企業の事業・提案を見ることができますが、それらが個々の営為に留まることなく、成果の連携(リンケージ)が可能になれば、より大きな効果を発揮することが期待されます。

 広域性や産業の連関性等に鑑み、多くの企業情報を自治体等に提供する必要があり、また、防災にかかる産業を新たな地域産業と位置付け、地域振興に資するとともに、防災産業市場を形成することによって、コストダウンを図り、住民の負担も軽減ができると考えます。

 復旧に際しても、総合的な対応が求められ、行政機関と企業・団体・市民が一体とならなければ実効性はありません。

 連携の悪さが第二の災害をもたらしている姿を見るにつけ、明確な指示系統の必要性、装備に対する知識・情報、さらには生活全般を俯瞰した支援態勢の必要を誰しもが持ったと思います。

 以上をご斟酌の上、本協議会にご参画下さいますようお願い申し上げます。

 本協議会に関するご質問、お問い合わせは、下記連絡先までご連絡願います。

連絡先
  クライシスマネジメント協議会
   〒181-0001
   東京都三鷹市井の頭4−5−20
    TEL 0422−40−6877
    FAX 0422−40−6878
    担当:長田

※お問い合わせフォームはセキュリティーの標準技術である SSL (Secure Socket Layer) で保護されています。入力された個人情報は暗号化されてサーバへ送られるため、第三者への情報の漏洩や改ざんのリスクを防ぐことができます。